XMのゴールド取引は条件が良い?スプレッドやおすすめの口座を解説

XMゴールド

XMでゴールドの取引をするときのスプレッドはどれくらい?

ゴールドの取引にはどんなメリットや注意点があるの?

この記事ではXMで取引可能な「ゴールド(GOLD)」に関する情報を詳しく紹介していきます。

ゴールドは値動きが激しいことで知られる銘柄のひとつです。

そのため、一般的な通貨ペアより1回の取引で大きな利益を狙えるところが魅力的な部分となっています。

しかし、ゴールドに投資する場合はそのメリット・デメリット・注意点などを理解しておかなければなりません。

ここでは、そんなゴールド(GOLD)の取引条件やスプレッドを分かりやすくまとめてみました!

この記事で分かること
  • XMでもっともゴールドのスプレッドが狭い口座タイプは「極(KIWAMI)口座」
  • 「極(KIWAMI)口座」のゴールドスプレッドは他社よりも狭い
  • XMならゼロカット対応のもとゴールドの取引ができる
  • ゴールドは値動きが激しいのでリスク管理が重要
  • ゴールドは短期・長期の両方におすすめの銘柄
目次

XMの口座タイプ別・ゴールド取引条件【スプレッド比較】

XMホームページのトップ画像

XMではドル円やユーロドルといった通貨ペア以外に、ゴールドのような貴金属に対するFX取引も用意しています。

ゴールドは昔から安定した資産として人気がある銘柄です。

世の中の為替相場が荒れると「ゴールド(金)を求める人が増える」といった特徴もあるくらいですが、そんなゴールド取引の魅力や特徴を簡単にまとめてみました。

ゴールドの魅力や特徴
  • 普通の通貨ペアより1日あたりの値動きが大きい
  • 米ドル(USD)と逆相関関係になることが多い
  • チャートの動きが比較的予測しやすい

やはり1日あたりの値動きが激しいところはゴールドならではの魅力や特徴と言えるでしょう。

また、ゴールドは米ドル(USD)と逆相関関係になるような値動きを見せることが多く、さらに過去の価格サイクルに従う傾向も強いのでチャート分析しやすいといった特徴があります。

そんなゴールドへの投資におすすめの取引所が「XM」です。

XMには4つの口座タイプがありますが、それぞれのゴールド取引条件を表にしたものをご覧ください。

ゴールド取引条件スタンダードマイクロゼロ(ZERO)極(KIWAMI)
平均スプレッド3.5pips3.5pips2.0pips1.5pips
最小スプレッド2.5pips2.5pips1.2pips
レバレッジ1000倍1000倍500倍1000倍
1ロット単位100oz1oz100oz100oz
取引手数料なしなし往復10ドル相当なし

XMが用意する口座タイプの中でゴールドのスプレッドがもっとも狭いのは「極(KIWAMI)口座」です。

特に最小スプレッドが1.2pipsというのは他の海外FX業者と比較しても狭い数値なので、トレーダーにとって有利な環境でゴールドの取引ができると言えるでしょう。

XMの極み口座ゴールドスプレッド画像
実際の「極(KIWAMI)口座」ゴールドのスプレッド

XMがゴールドの投資におすすめ取引所である理由

ゴールド・金の延べ棒イメージ画像

それでは次にXMがゴールドの投資におすすめの取引所である理由を解説していきます。

他社よりもスプレッドが狭い

ゴールド平均スプレッドXMTradingGEMFOREXLANDFX
スタンダード口座3.5pips3.3pips3.6pips
低スプレッド口座1.5pips1.7pips2.1pips

XMをおすすめする理由はなんといってもゴールドのスプレッドが狭いところです。

ご覧のように「極(KIWAMI)口座」であれば他社よりも狭いスプレッドでゴールドの取引ができます。

ちなみに「極(KIWAMI)口座」は取引手数料が無料で、なおかつスワップポイントも発生しません。

スワップポイントとは毎日徴収・付与される「金利差額」のことを指します。

XMの「極(KIWAMI)口座」はスワップフリータイプの口座となっていて、日々変化する金利差額の影響を受けません。

これはゴールドの長期保有を狙う際に大きな利点となります。

プラスのスワップポイントを受け取れないという部分はデメリットに感じられるかもしれませんが、長期的な保有を考えるならマイナスのスワップポイントの影響を受けないというメリットの方が大きいと言えます。

使えるレバレッジ倍率が大きい

XMではゴールドの取引に対しても最大1000倍のレバレッジが使えるようになっています。

これはスタンダード口座でも極(KIWAMI)口座でも同じ条件です。(ゼロ口座のみレバレッジ500倍)

レバレッジが大きければその分だけ用意する必要証拠金額が抑えられます。

そのため、少ない資金からでもゴールドの取引ができるといったメリットに繋がるわけです。

ゴールドは一般的な通貨ペアより1通貨単位の価格が高いので、使えるレバレッジが小さいと多額の証拠金が必要となってしまいます。その点で考えても1000倍のレバレッジが使えるXMの「極(KIWAMI)口座」は優秀と言えるでしょう。

ゼロカットシステム対応なので借金リスクがない

XMは「ゼロカットシステム」を採用している海外FX業者です。

ゼロカットシステムとは
  • 追証(追加証拠金)を請求しない仕組みのこと
  • 証拠金維持率が一定を下回っても追証が請求されない
  • 口座残高がマイナスになった場合、そのマイナス分の金額がリセットされる

ゴールドは値動きが激しい銘柄なので、注文量によっては大きな損失を生むリスクがあります。

しかし、ゼロカットシステム対応のXMであれば損失の最大額が「口座残高(入金額)まで」に限定されます。

つまり、どれだけ大きな取引に失敗しても自分が入金した額以上の損失は出ないということです。

こうした環境のもとでゴールドの取引をおこなえるところがXMを選ぶ理由と言えます。

ちなみに国内のFX会社にはこうしたゼロカットシステムが採用されていません。そのため、取引に失敗した場合は多額の追証(負債)を抱える危険があります。安全にゴールドの取引をするならXMを選んでください。

XMでゴールド取引をする際の注意点

ゴールドの指輪イメージイラスト

続いてはXMでゴールドの取引をするときの注意点を紹介していきます。

メジャー通貨ペアと比べるとスプレッドが広い

ゴールドのスプレッドは一般的なメジャー通貨ペアより広く設定されていることがほとんどです。

スプレッドが広いと利益が出るまでにそれだけ大きな値動きを必要とします。

価格が激しく動いているときはスプレッドの幅を短期的にカバーできることもありますが、安定しているときには利益が出るまでに多少の時間が掛かるということを覚えておきましょう。

ボラティリティが高いためリスクもある

ゴールドはボラティリティ(=市場の流動性)が高い金融商品です。

売買が盛んにおこなわれている分、値動きも激しくなりやすいわけですが、そうなると利益だけでなく損失を生むリスクも増えます。

ゼロカットシステムがあるおかげで借金を負うほどのダメージにはならないものの、注文量によっては想像よりマイナス額が大きくなることを理解しておいてください。

1ロットあたりの必要証拠金額が高い

ゴールドは1単位あたりの価格がドル円やユーロドルなどより高いので、必然的に1ロットあたりの必要証拠金も高くなります。

ちなみにゴールドの1単位価格=1800ドルのとき、1ロットの注文をおこなうのに必要な証拠金額は以下のようになります。

ゴールドの必要証拠金計算式(1ロット)
  • ゴールドの価格×ドル円レート×100(oz)÷1,000(レバレッジ)
  • 1800ドル×130円×100÷1,000=23,400円
  • ゴールド1ロット(100oz)あたりに必要な証拠金額は23,400円ほど

ご覧のように1ロット分のゴールドを注文するのに必要な証拠金額は23,400円くらいです。(上記レートの場合)

これが1ロット分のドル円なら13,000円程度で済みます。

ユーロ円やポンド円でも13,000円~15,000円ほどなので、ゴールドはメジャー通貨ペアよりも必要証拠金が高いと言えるわけです。

もちろんゴールドは1ロット以下でも注文できます。最小注文量は0.01ロットとなりますので、数百円ほどから取引が可能です。

XMのMT4・MT5にゴールドを追加する手順

XMでゴールドを取引するときにはMT4・MT5の気配値画面に「GOLD」を追加する必要があります。

ゴールドの追加方法
  1. MT4・MT5を起動する
  2. MT4・MT5の「気配値画面」に「GOLD」を追加
  3. 「GOLD」をメインチャートに表示して取引スタート

なお、スマホ版MT4・MT5の気配値に銘柄を追加するときの画面がこちらです。

スマホ版MT4・MT5の気配値画面

このように追加画面には様々な銘柄が並んでいますので、その中から「GOLD」を選択してください。

MT4・MT5気配値画面

ご覧の通り選択した銘柄は一番下に表示されます。

ここではXMの口座であることを示すために「マイクロ(micro)口座」のゴールドを追加しましたが、他の口座タイプでも手順は同じです。

パソコン版のMT4・MT5の場合は「気配値画面」⇒「ゴールド選択」⇒「チャート表示」で同様の設定ができます。

XMでゴールドが取引できないときの原因

下落するチャートのイメージ画像

XMでゴールドの取引ができないときの原因には以下のような点が挙げられます。

ゴールドの取引ができないときの原因
  • 取引時間外(休場)の場合
  • 残高不足
  • 追加シンボルの間違い

ゴールドは他の為替市場と同様に土日が休みとなっていますので、金曜日のクローズ時間から月曜日のオープン時間までは取引できません。(早朝の1時間ほどは取引時間外のため注文不可)

また、取引に必要な資金が残高として残っていない場合は資金不足として注文が拒否されます。

あとはMT4・MT5に追加するシンボル(銘柄)の間違いも取引できない原因のひとつです。

XMで用意されている4つの口座タイプにはそれぞれ対応する銘柄があるので、そちらを選んでください。

追加シンボルは「スタンダード口座=GOLD」「マイクロ口座=GOLDmicro」「ゼロ口座=GOLD.」「極(KIWAMI)口座=GOLD#」となります。

XMのゴールドに関するQ&A

クエスチョンマークに座る男性イメージイラスト

それでは最後にXMのゴールド取引に関連した疑問をQ&A形式で解消していきます。

ゴールドの必要証拠金などを計算する方法は?

XMゴールド必要証拠金計算画面

ゴールドの取引に掛かる必要証拠金額は「ゴールド価格×ドル円レート×100÷レバレッジ=1ロット分の必要証拠金(日本円)」で計算できます。

ただし、毎回計算するのは面倒なので、XMに用意されている計算ツールを使ってみてください。

上の画像は「極(KIWAMI)口座」で1000倍のレバレッジを使い0.01ロット分のゴールドを注文したときの必要証拠金額です。

ご覧のように必要な情報を入力すれば証拠金額を計算してくれますので非常に便利です。

ゴールドの稼ぎ方でおすすめの方法は?

ゴールドで稼ぐなら「トレンド相場に順張り」という方法がおすすめです。

ゴールドの場合は無理してレンジ相場での取引や逆張りをするより、まずはリスクを抑えたトレードをおこないましょう。

なお、トレンド相場が発生しやすいタイミングは「経済指標」が発表された後となりますので、ゴールドの取引をするときは経済カレンダーをしっかりとチェックしておいてください。

ゴールドの取引に期限(限月)はある?

XMのゴールド取引には期限(限月)がありません。

そのため、ゴールドのポジションを長期的に保有することが可能です。

他社の場合だと期限付きの取引を提供しているところもありますが、XMにはそういった期限がないということを覚えておきましょう。

ゴールドを長期保有する場合はある程度の利益が出るまで証拠金に余裕を持たせておくことがセオリーと言えます。

【まとめ】XMのゴールドについて

XMで取引できるゴールドについて詳しくまとめてきました。

ご覧いただいたようにXMでゴールドの取引をするなら「極(KIWAMI)口座」がおすすめです。

極(KIWAMI)口座であれば狭いスプレッドで取引ができて、さらにスワップポイントや取引手数料といった無駄なコストが掛かりません。

ゴールドは1回の取引で大きな利益を狙える銘柄なので、通貨ペアFXに慣れてきたらチャレンジしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次